知っている親が工夫しながら教えるのが一番

久保建英にしろ、ひろつる家や佐藤家にしろ。

ヴィッセルトットナムの7番も。

幼少期に親が正しいやり方でモチベートしながら、マンツーマンで教えるのが大切。

サッカースクールや学習塾はたくさんあるが、一度に参加する人が多すぎる。

そもそもバルサ出身だから久保建英がすごいのではない

バルサ出身、バルサのDNAなど言われているが、そもそも彼の才能と彼の父親の指導による貢献の方が大きいのであって、バルサの指導の影響は相対的に少ない。

 

また、バルサカンテラ出身の一部の人間が偉大なのであって、その他大勢はたとえバルサBまで昇格できても、スペイン3部リーグのサッカー選手である。世界中から才能を集めてはいるが、必ずしもトップタレントばかりではない。その中心にいるのはカタルーニャやその他のスペイン人というローカルな人材である。

 

ほとんどの人がブルーオーシャンの定義を誤っている

ブルーオーシャンは競争がまだない市場。uncontested marketなのだ。

一方で、本も読まずに言葉の定義を知らないで、勝手に解釈して使っている人が多い

競争相手が少ない市場に参入するときも「ここはまだまだブルーオーシャンです」とかいったりする人もいる

定義を勝手に解釈して話している人が多い

憶測でものをいう人とか

カフェや飲み屋とかで勝手な憶測でそこにいない人を批判したり

 

岡崎と川島はコパにも呼ぶのか

彼らなら所属先を気にすることなく、コパアメリカに呼べる

経験のある海外組で次のワールドカップにも出られそうな年齢の選手が、思った以上に断られた可能性もある

その穴を埋めるのに若手のJリーガーだけでは足りなかったかもしれない

どこまで適応できるか

携帯電子機器:

そもそも携帯電話を持たない

ガラケーにこだわる

スマホを持っている

スマホを使うが、どうでも良い暇つぶしのLINE、ゲーム、ニュース、漫画ばかりに費やす

スマホを使って、効率的で有意義な生活に結び付け、所得向上につなげられる

 

データ分析:

マウスを使って、簡単な操作しかできない

エクセルをショートカットを含めて使いこなせる

データ量が多いのにエクセルを使っている

マクロなどのプログラミングができる

BIを使いこなせる

SQLPythonを使いこなせる