サッカースクールに通うようにエクセルを学ぶべき

慣れで動かせるように

生産性が圧倒的に違う

 

ポゼッションサッカーの本質

サッカーでも緩急とコントロールが大切

野球などのスポーツもそうだが

一定のリズムのパス回しならマークをずらすのは難しい

いきなりテンポアップするから相手がついてけれないのだ

ポゼッションサッカーの本質はただボールを回すことではない

イニエスタやメッシがドリブルでいきなりスピードアップする

周りの動きもスピードアップ

ジョルディアルバやセルジロベルトも追い越して行く

 

そもそも今回のワールドカップはくじ運が悪い

ポーランドとコロンビアに対して引き分け以上は難しい

 

トルシエはたしかに優秀だったが、開催国でくじ運に恵まれていた

岡田氏の南アフリカもくじ運に恵まれていた

共に南米の強豪とも当たっていない

引き出しを多く持っておく

毎回同じショートカウンターを狙っても相手に読まれてしまう

色々な引き出しが必要だ

190cm級のCBにロングボールを蹴っても、CFが競り勝つことは難しい

同じテンポのパス交換だけでも崩せない

一気にテンポを上げないとDFはついてこれてしまう

あるいはドリブルでDFを交わしてマークをずらすか

王岐山は洞窟式住居に住んでいた

そこから中国の事実上のNo.2のポジションへ

やはりハングリーさが重要

自分の方が恵まれている

FC東京が太田を外して2連勝

太田を入れると攻めが単調になる

基本的にタッチライン際でボールを受けて中にクロス

デイビット・モイーズが指揮していた頃のマンチェスター・ユナイテッドでは評価されるかもしれない

彼はパス交換で中に侵入することもない

ドリブルで中に切り込むこともない

当然右足でのミドルシュートもない

アシスト数は多いが、クロス本数も多いし、フリーキックを蹴っている数も多い

無意識で高速かつ深遠な処理ができるまで身につける

山口真由氏の7回読書ルール

シャビ・エルナンデスのプレー

天野医師のオペ