青森山田にみる引き出しの多さ

いかに勝ちの確率を高め、負ける確率を減らすかを常に考えている ポゼッションか堅守速攻かではなく、オールラウンドを目指している セットプレーも毎年ロングスローを投げられる選手を育成するなど、いかに90分間でチャンスを多く作れるか

箱根駅伝と大人の事情

スポンサーが絡むのでテレビではシューズについて触れない 結局は不作為のポジショントーク みんなそんなもんだ

日本サッカーの段階

これまで: プロリーグ設立 ワールドカップ出場 海外組が数人 海外組がスタメンに10人 2022以降: 海外組がスタメン全員 スタメンのうち6人以上がUEFAチャンピオンリーグ出場チームに所属 ワールドカップベスト8 スタメン全員が欧州五大リーグ所属 ワールドカ…

実力とタイミング

南野を見ても思う なかなか四大リーグに移籍できない中 巡ってきたのは欧州チャンピオンで目下プレミアリーグを独走中のリバプール しかしこれからのキャリアは約束されていない。それは仮にメッシやクリスティアーノであろうと。 香川が移籍して1年でサーア…

速いプレースピードで試合をするために練習する

緩急が大切 急の部分ができるのはその練習をしているから そこを普段から人もボールも動いて練習する

今日のFC東京の反省

もっとロングシュートを打つべきだった マリノスのキーパーが高い位置にいて、重心が前にあるのがわかっていつのだから。 とにかくもっと早い段階からキーパーの位置を下げさせるべき そのぐらいケアして初めて永井や田川のスピードがいきる アルトゥールシ…

日本の大学がAIを教えるのはほとんどお金の無駄遣い

Kaggleのウェブサイトで無料で学べる CourseraなどのMoocのウェブサイトでも無料で学べるし、大学よりも安いお金でcertificationが取得できる 果たして日本の大学が全学生にAI教育をするとか言っていてもお金の無駄遣い すでに質の高いコンテンツがあるのだ…

やはり造船業界は企業が多すぎる

成熟産業なのに これを機に一気に再編が進むことを期待したい

オクスブリッジとブレグジット

森山佳郎は名将

ここ数年はユースのカテゴリーの監督をクラブや代表でしているが、間違いなく名将。 選手全体のレベルは上がっているのはもちろんだが、メンタルの面でうまく選手をコントロールしている。守備のときの気持ちの入り方とか。 前回のU-17のイングランド戦にし…

最後の藁とベルギー戦

あの10秒弱の時間が敗因ではない ドラマチックに語り過ぎ

外国出身者がもっといないとベスト4は難しい

ラグビーワールドカップを見て思った ハーフでも良いが、とにかく骨格が一般的な日本人よりもラグビー向きな人をもっと集める必要がある 技術や食事、トレーニングでは埋めがたい差がある

スタメンではないならビッグクラブは行かないほうが良い

試合に出てこそ貴重な経験が積める 同じように、大企業入って喜んでいてもエリート枠ではないのなら重要なポストにつけるキャリアを歩めることはほとんどないように 大手金融機関に入って喜んでいる早慶上位未満の学生などと同じ。

大卒で日本代表

永井、伊東、長友。みんな足が速い。目立ちやすいところで目立てるのが大切か。

やはり日本代表のトップ下には裏に抜ける動きが必要

下がってボールを受けることも大切 後ろから来たボールを素早く反転して前を向くことも大切 だが、それに加えて裏に抜ける動き必要 場合によってはワントップを追い越す動き 南野はそれができている 久保建英はまだできていない サイドに流れるか、相手のセ…

久保建英に関するレビュー

守備は格段に良くなっている 間合いを詰める速さとか あとはサイドバックに裏を取られるのをもっとケアしないといけない。マジョルカのサイドバックはあまりケアしないので、絶えずタッチライン側の相手ウイングを注視しないといけない。 攻撃ではオフザボー…

せっかく30年以上働いて社長になった

だから辞任はできない たとえ金品をもらっていようとも 1つの会社に人生を捧げてきた 私が実績を上げてきた だか簡単に辞めるわけにはいかない

ワークスアプリケーションズとワイキューブ

社長がどちらともファッションに凝っていて、ストライプ入りの高級スーツがお好き メディアに頻繁に出て目立つのが好き 財務リテラシーが低く、投資が無駄に先行してしまう 社員はお客さんに対して「できます」ということが実はできないことだったりする

ポケベルと環境適応

環境適応しないといけない これはマスト 固定電話からポケベル ポケベルからPHS PHSからガラケー ガラケーからブラックベリー ブラックベリーからスマホ

やはり久保建英には出場時間に伴う信頼が必要

ボールが出てこないこといくつかあった 今日の試合でも左サイドの選手のフォローにいったときにパスがでてこないとか そして左サイド選手は縦にしかけて結局抜けず 確かに久保は空いてのボランチとセンターバックの間の狭いスペースにいたが、彼に速いパスを…

久保建英の課題

守備でもっと相手とタイミングよく近くに間合いを詰める 攻撃にときに、足元でしかボールを貰おうとせずに、空いている裏のスペースでもボールを貰う 90分間スプリントを続けられる持久力をつける

伝統的なCFOの講演とか話半分で

彼らは実務経験も豊富だ 海外トップ10のMBAを卒業だったりする CPAも取得している場合も多い 英語はとても流暢だ 一方でディープラーニング等を利用したアナリティクスの話はほとんどできない ストーリーテリング、ケース分析、ビジネスパートナー、とかいう…

サッカー日本代表選手が所属するリーグの順位

まず5大リーグがある その下には ポルトガル1部 (7th in UEFA Ranking) ベルギー1部 (8th) トルコ1部 (10th) オランダ1部 (11th) オーストリア1部 (12th) ちなみに5大リーグの次はロシアが6位である

知っている親が工夫しながら教えるのが一番

久保建英にしろ、ひろつる家や佐藤家にしろ。 ヴィッセルやトットナムの7番も。 幼少期に親が正しいやり方でモチベートしながら、マンツーマンで教えるのが大切。 サッカースクールや学習塾はたくさんあるが、一度に参加する人が多すぎる。

そもそもバルサ出身だから久保建英がすごいのではない

バルサ出身、バルサのDNAなど言われているが、そもそも彼の才能と彼の父親の指導による貢献の方が大きいのであって、バルサの指導の影響は相対的に少ない。 また、バルサカンテラ出身の一部の人間が偉大なのであって、その他大勢はたとえバルサBまで昇格でき…

ほとんどの人がブルーオーシャンの定義を誤っている

ブルーオーシャンは競争がまだない市場。uncontested marketなのだ。 一方で、本も読まずに言葉の定義を知らないで、勝手に解釈して使っている人が多い 競争相手が少ない市場に参入するときも「ここはまだまだブルーオーシャンです」とかいったりする人もい…

岡崎と川島はコパにも呼ぶのか

彼らなら所属先を気にすることなく、コパアメリカに呼べる 経験のある海外組で次のワールドカップにも出られそうな年齢の選手が、思った以上に断られた可能性もある その穴を埋めるのに若手のJリーガーだけでは足りなかったかもしれない

どこまで適応できるか

携帯電子機器: そもそも携帯電話を持たない ガラケーにこだわる スマホを持っている スマホを使うが、どうでも良い暇つぶしのLINE、ゲーム、ニュース、漫画ばかりに費やす スマホを使って、効率的で有意義な生活に結び付け、所得向上につなげられる データ分…

勝敗は少しの差

運であったり 運の前にも細部へのこだわりだったり 周到な準備だったり 人とチンパンジーの塩基配列が1.23%しか違わないように、少しの違いが大きな違いを生むのだ

なぜ岡崎は偉大な日本人サッカー選手になれたか

運動能力ではない テクニックでもない 監督から求められている役割への適応能力