人生のハイライト

富士通柏原竜二選手が引退した。

・最近よく思うのが、人生のハイライトやキャリアのハイライトがどのタイミングであるかが重要ということ。

・たとえばそれが、筑駒・開成・灘・桜蔭等中学校合格、東大や国立・慶應医学部等合格で終わっている人を何人も見てきた。

・有名研究室で卒論、有名大企業入社とかで終わっている人を何人も見てきた。せいぜい課長とか子会社部長とかが入社後のキャリアのハイライトか。もちろん人生のハイライトはもっと前の段階。

マッキンゼー入社がハイライトで、3年以内に半強制的に卒業させられたのに、本を書く人たち

・甲子園出場が野球だけでなくその人の人生のハイライトの人もたくさんいるし、県大会ベスト8ぐらいを誇らしげに人生のハイライトにする人もたぶん大勢いる。

ボージャン・クルキッチやファビオ・パイムは、メッシやクリスティアーノ・ロナウドよりも才能が上とさえ言われていた。

・本田と家長。中田と財前。駒野と市船全国優勝の元キャプテン。

・つまらないドメスティックな企業を上場させて悦に浸っている視野の狭い経営者

張本勲は現役時代がハイライト

 

 

追記:

浅田真央村上佳菜子は選手時代がハイライト

芥川賞の最年少受賞者