2016/2017 UEFA Champions League Final

レアルのすごさ

・味方ゴール前でボールを奪ってもクリアしないでつなぐことができる。相手プレッシャーをいなす冷静さ、フェイントのテクニック、パススピードと正確性、味方選手間の距離の近さ、うまくバックパスを使う能力。

・カウンターの時のフィニッシュまでの速さ。サイドバックは迷わずペナルティーエリア付近までスプリントで上がっている。1点目などまさに。クロースからベンゼマにパスが出た瞬間に、カルバハル次の次のプレー予測して右サイドを駆け上がっている。

・無理に中に向かってドリブルを仕掛けずに、人数の少ないサイドから攻める。前半はユベントスもこれができていた。

・サイドから中をみずに一か八かのハイクロスを上げずに、高速グラウンダーのクロスを蹴る。1、2、4点目などまさに。

・ボールを取られてからの寄せの速さ。特にモドリッチの切り替えの速さ。